POSデータをもとに自動で効果測定! 経営をサポートする人工知能「ABEJA」とは?

人間と同様の知能をコンピュータ上で人工的に実現するAI(人工知能)。記憶、学習、判断などの高度な作業を人間の代わりに行ってくれるということで、さまざまな分野で注目を集めています。
最近はこのAIの話題を耳にすることが多くなりましたが、店舗の経営をサポートしてくれるAIによる解析サービスが株式会社ABEJAから提供されているのをご存知でしょうか。
今回の記事では株式会社ABEJAからリリースされている「ABEJA Insight for Retail」についてご紹介させていただきます。

人工知能「ABEJA Insight for Retail」とは?ABEJA

「ABEJA Insight for Retail」は、株式会社ABEJAが提供する人工知能を活用した店舗解析サービスです。最新のテクノロジーで消費者の行動を可視化し、動向を定量化することで店舗施策の効果が測定できるようになっています。
収益につながる手段が今一つ掴めていない場合や、勘と経験に頼りがちで効果的なアプローチができていない店舗などにとくにオススメです。

ABEJA Insight for Retailで取得・連携可能なデータには以下のようなものがあります。
・来客人数
・店前通行量
・入店率
・フロア別来客人数
・買上率
・エリア立ち寄り率
・来客属性
・店前属性
・滞在率 など

ABEJA Insight for Retailは、これらのデータから科学的に測定・分析を行うことが可能な上に、AIなので常に学び続けることも可能です。
ディープラーニング技術に基づいた解析システムが組み込まれており、常に精度向上を測っているので店舗にとって頼もしい存在ですね。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

「ABEJA Insight for Retail」には何ができる?

スマートストアとして顧客の動向を分析・計測

現在、小売業界などでは人手不足が悩みの種となっていますが、対策の一つとして電子タグやAIといった技術を利用しさまざまな課題を解決する「スマートストア」が注目されているのをご存知でしょうか。
ABEJA Insight for Retailは、このスマートストアを実現してくれるサービスでもあります。

店舗を運営していく為にはやらなければならないことが多く、人手が少ないと忙殺されがちになってしまいますよね。面倒な作業はAIに任せて業務効率化を図り、人間にしかできない仕事に注力するようにしましょう。

またABEJA Insight for Retailは入店から購買までのお客様の動向を把握し、自動で現在行っている施策の効果を測定してくれます。楽客人数のカウントは店舗に設置したカメラの動画から行われ、人数だけではなくお客様の顔画像から年齢や性別も推定できます。
主要なエリアで何人が来店し、どのくらいの店舗に滞在していたのかも計測できるのでお客様の導線を把握することが可能となり、導線分析も実現可能です。

既存のデータと掛け合わせて効果的な戦略を練る

ABEJA Insight for Retailを導入するメリットとして、アプリで店舗施策のデータベースが構築できるというものがあります。
「施策登録アプリ」では現在実施している施策を登録するだけで、POSデータなどを元に自動的に検証が行われるので助かりますね。

主に以下のようなデータと連携することが可能となっております。

・POSデータ
POSで集めたデータを最大限活用し、来客数と組み合わせて売上、平均客単価、購入点数などの検証を行ってくれます。このデータはクラウドの管理画面でも確認が可能ですよ。

シフトデータ
売上データや各種店舗データと掛け合わせて利用することで、人時生産性や最適なスタッフ数を把握できるようになります。

天気データ
店舗がある地域の天気データを参照し、天気に応じた来店数やお客様の動向が把握できるようになるでしょう。

これら既存のデータと連携させることで、より効果的な販売施策が行えるようになりますね。なお取得した店舗データはクラウド管理画面上から確認できるので、本部で細かい分析を行う際にもお手軽に対応できます。

前の週に取得したデータはサマリーレポートとして週次メール配信されるので、わざわざ管理画面を開かなくても定期的に確認可能です。
このようにABEJA Insight for Retailは、店舗が抱える課題や大きく変化した指標などを分析して伝えてくれる親切な設計になっています。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

実行中の施策の効果を検証してくれる

ABEJA Insight for Retailで収集・蓄積されたデータは販売施策に利用できるだけではなく、店舗の課題発見や改善にも活用可能です。
常に行われ続ける検証によって、現在実行中の施策の効果が薄い場合はすぐに発見され報告されるので、迅速な改善につなげられますね。

「施策登録アプリ」を以下のように活用することによって抱えている課題を洗い出し、さらに効果的なアプローチが実行できるようになるでしょう。

①店舗で行っている施策を写真と一緒に登録する。
②施策内容は本部や他の店舗に自動的に共有される。
③POSデータや各店舗データから、施策効果が測定されて蓄積される。
④蓄積されたデータに基づいてAIがより効果的な施策を提案するようになる。

多店舗経営している場合は自店舗だけではなく他の店舗のデータも共有が可能です。成功事例を吸い上げて横展開することで、すべての店舗で最適な施策が行なえるようになりますね。

人手不足を解消し、人件費のカットにも役立てられる

ABEJA Insight for Retailは利用し続けることで店舗データが充実されると、より高度な分析・判断を行ってくれるようにもなります。AIがデータを読み解くことにより、在庫の最適化やシフトの最適化といった合理的な判断も可能です。
さらにAIの導入によって小人数でも店舗を回すことが可能となり、人手不足問題を解消すると同時に人件費カットにも役立ってくれるというメリットもあります。

従業員が集められず人手不足に悩む店舗もあれば、あまり人件費をかけられず従業員を多くは雇えないと悩んでいる店舗もあるかと思われますが、ABEJA Insight for Retailはどちらの悩みにも対応して解決してくれる頼もしい存在となるでしょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

まとめ

人工知能なのでデータを集めて蓄積するだけに留まらず、蓄積されたデータから課題を発見して問題点を洗い出し、さらには有効な施策を提案してくれるので心強い存在となるでしょう。収集・蓄積したPOSデータも最大限活用してくれるのも嬉しいポイントですね。
またディープラーニング技術により、常に学び続けることが可能なので使えば使うほど精度が上がっていきます。さまざまなデータが蓄積されれば一層広範囲に及ぶ分析や測定、ひいては最適化も実現可能となります。
店舗経営においてAIが注目される理由の一つには人手不足問題の解消がありますが、ABEJA Insight for Retailにはそれだけには留まらない甚大なメリットがあります。店舗経営にお悩みの方は、これを機会に導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

店舗運営を手助けするPOSレジの問い合わせはコチラ