月額0円で利用できるタブレットPOSに隠された落とし穴とは?

0円

最近は月額料金無料で利用できるタブレットPOSが数多く登場しており、POSシステム導入の敷居はかなり低いものとなりました。しかし注目を集めている0円レジは、店舗運営に置いて実際に役立つ機能が搭載されているのでしょうか。
人気の今回は0円POSレジに潜んだ落とし穴に注目してみたいと思います。

ハンディ端末を始めとして0円では使えない機能が多い

制限

メーカーにもよりますが、POSレジアプリの0円プランの場合、基本的な会計機能しか使えないという場合もあります。細かい分析や従業員管理などを利用するためには、ワンランク上の有料プランをご利用頂く必要があるようです。
また飲食店で使われることの多い「オーダーエントリーシステム」、通称「ハンディ」は、有料の飲食店向けのプランでしか使えないということも多く、ほとんどの場合において月額利用料金が発生します。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

導入費用は意外とかかってしまう

空っぽの財布

0円POSレジは完全無料で利用できると思われている方も多いようですが、導入時にはお金がかかってしまう場合が多いです。
レジを利用するためのタブレット、つり銭を管理するためのキャッシュドロア、お客様にレシートを発行するためのプリンター、POSレジを接続するためのインターネット環境など、全てを揃えようと思うと軽減税率補助金を利用しても数万円~十数万円はかかってしまいます。
もちろん他社からの乗り換えや、中古で譲って頂いた場合には完全無料で利用できると思いますが、その場合でもメーカーに対応していない機種であれば買い換える必要もありますので、あらかじめ確認しておく必要があります。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

サポート体制に不安を感じることがある

電話が繋がらない

初めてPOSレジを使うという方にとって、上手く使いこなすことができるのか不安に感じることも多いでしょう。そこでサポート・保守体制が整っているサービスを希望される方も多いとは思いますが、「電話サポートの時間が短い」、「電話窓口に繋がりにくい」、「24時間サポートは別途料金発生」など、無料ではしっかりとしたサポートを受けられない場合が多いようです。
有料だからと言って必ずしもしっかりとしたサポートが受けられるという訳でもありませんが、やはりサポート体制は金銭的な差が出やすい部分になります。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

利用ユーザー=アクティブユーザーという訳ではない

埋もれたスマホ

POSレジのサイトを見ていると『利用店舗数○万店突破』といった表記を見かけることは多いのではないかと思います。
こちらはこれまでにアプリをダウンロードした方の数を表示している場合もあり、必ずしも実際に利用している店舗の数を表しているわけではありません。利用店舗数が多ければ多いほど人気と言う訳でもなく、無料で敷居が低いためダウンロード者が多かったということを指しています。
よって『利用店舗数○万店突破』の後に『継続率○%』と記載があれば正しいアクティブユーザーを割り出すことも可能ですが、そうでない場合は『無料だからとりあえずダウンロードしてみた』という方の頭数も含まれているということを理解しておきましょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

サービス提供が打ち切られてしまう場合もある

大赤字

『無料POSシステムの提供って、どうやって利益を出しているんだろう?』
と考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
メーカーとしてどのようなメリットがあって提供しているのか気になるところですが、周辺機器の販売や、さらに使い勝手を良くするための有料プラン・オプションの契約を獲得することによって利益を得ている場合が多いようです。
ただし、中には思ったように利益を獲得することができず赤字になってしまい、やむを得ずサービス提供を中止せざるを得ない結果になってしまう場合もあります。
突然POSレジが使えなくなってしまっては困るかと思いますので、これから使おうとしているレジメーカーが信頼できるかを確認し、しっかり考えてから導入した方が良さそうですね。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

まとめ

月額料金無料で利用できてお得なPOSレジアプリは、会計や売上管理、簡単な分析などを行うだけであれば充分ですが、高性能なPOS機能を求めるのであれば有料プランのレジサービスを使っていった方が良いようです。
ただし高いお金を払ったからといって、他より優れたシステムと言い切れるとも限りません。無料の機能だけでも事足りる場合もありますので、自店舗にはどのようなPOSシステムが適しているのかを見極めた上で決めることをおすすめしています。
POSレジ選びで迷われている方は、レジチョイスまでご相談頂けましたらレジ選定のアドバイスをさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

コンシェルジュへのご相談はコチラから